「学認」の利用について

「学認」とは?

「学認:GakuNin」(正式名称は「学術認証フェデレーション」)は、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体のことです。各機関は「学認」が定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで、相互に認証連携を実現することが可能となります。

認証連携を実現することができれば、学内でのシングルサインオン(一つのID・パスワードであらゆるシステムが利用可能であること)を実現することが可能になるとともに、他大学や商用のサービスにおいても、1つのパスワードを利用し、かつID・パスワードの再入力を行わずに利用できる環境を実現することができます。例えば、他大学の無線LANをいつも大学で使用しているIDとパスワードで利用することができ、かつ自大学が契約している電子ジャーナルへシームレスにアクセスすることも可能となります。学術認証フェデレーションを利用することの詳細な利点については、こちら(Shibbolethによる学術認証フェデレーションへの参加メリット)をご覧ください。

(註) 上記の説明は、「学認」の公式ページ(https://www.gakunin.jp/fed/)にある説明を、本学用に一部改変したものです。

「学認」への参加で受けられるサービス

熊本大学は、2013年10月30日に、「学認」の正式メンバーとして認められました。
そのため「学認」が提供するサービスを受けることができます。

「学認」が提供する代表的なものを、以下に挙げます。

これらのサービスの中には、無償ですぐに利用できるものがありますが、有償であったり、個別に申請が必要だったりなど、さまざまな利用制限があったりしますのでご注意ください。
  1. オンラインジャーナル
    SpringerLink, ScienceDirect, OvidSP 等
    機関契約を行なっているオンラインジャーナルに対し、従来のように学内ネットワークわからアクセスしなくても、学認でのユーザ認証によって機関会員としてアクセスが可能になります。
  2. 電子レポジトリ、文献検索
    CiNii, NII-REO, Kanazawa University Data Repository, Scopus, Web of Knowledge
  3. グループウェア
    FShare(ファイル共有サービス), FaMCUs(テレビ会議多地点接続サービス), しぼすけ(スケジュール調整用グループウェア)等
  4. 学生用ソフトウェアの開発環境
    DreamSpark
    学認での認証により、本人が学生本人であることを保証すれば、Microsoft社の提供する開発環境・ツールを無償でオンライン入手可能です。
  5. 無線LAN
    Eduroam-Shib(Eduroam用一時アカウント発行サービス)
    国内外のEduroam加盟機関に設置された無線LANが利用可能となります。

学認の提供しているサービスの一覧は、 >> こちらの「サービスプロバイダー:SP」<< にあります。

「学認」を利用のための「熊本大学ID」の確認

熊本大学で「学認」を利用するためのIDは、本学の生涯IDである「熊本大学ID」です。

次の手順に従って、ご自身の「熊本大学ID」をご確認ください。

  1. 熊本大学ポータルにログインして、「統合認証対応システム」の一覧にある「ID管理システム」をクリックします。

    ID管理システムへのリンク

  2. 表示されたID管理システムで、左側の「一般利用者メニュー」にある「個人基本・拡張情報の変更(申請)」をクリックします。
  3. ID管理システムのトップ

  4. すると「個人基本・情報(参照)」のページが表示されるので、その上方にある「熊本大学ID」の欄で確認します。
    「熊本大学ID」は、英字や数字を含む9桁の文字列です。

    ID管理システムで熊本大学IDの確認

「熊本大学ID」の初期パスワードとパスワード変更

「熊本大学ID」のパスワードは、職員番号や学生番号をIDとして利用している熊本大学統合認証用IDのパスワードと同期しています。
そのため、熊本大学ポータル等の熊本大学統合認証対応システムへログインするときのパスワードが、「熊本大学ID」のパスワードとなります。

「熊本大学ID」のパスワードを変更するには、職員番号や学生番号に対する統合認証のパスワードを変更する下記のページで、パスワードを変更してください。
ただし、下記のパスワード変更ページで入力する「ユーザID」は、職員番号もしくは学生番号です

パスワード変更ページで「ユーザID」欄に「熊本大学ID」を入力すると、IDが登録されていないというエラーになりパスワードの変更はできません。
当然ですが、上記の「統合認証のパスワード変更ページ」でパスワードを変更すると、「熊本大学ID」のパスワードだけでなく統合認証のパスワードも変わります。 ご注意ください。

「学認」サービスの利用例 (CiNiiによる論文検索)

「学認」の利用例として、NII(国立情報学研究所)が運営している論文情報ナビゲータ CiNii(サイニィ) を、学外から利用する方法を説明します。

CiNiiは、これまでも熊本大学の学内ネットワークからであれば、すべての機能を利用できていましたが、学外からは、限られた機能しか利用できませんでした。
今後は、「学認」対応のIDである「熊本大学ID」でCiNiiにログインすることで学外からでも CiNii のすべての機能が利用できます。
CiNiiは、次の注意を守ってご利用ください。
  • 熊大の構成員であれば原則無料で利用できます。
  • 共用PCの場合は利用後ログアウトを行って下さい。
  • 自宅で使用する場合も本人しか利用できません。
  • 熊大IDやパスワード、個人名等の情報は出版社に送信されません。
    ただし、大量ダウンロード等の不適切な利用があった場合を除きます。

CiNii を学外から利用するには、次のようにしてください。

  1. CiNii のページ (http://ci.nii.ac.jp/) に接続し、右上にある「ログイン」のリンクをクリックします。

    CiNiiのトップページ

  2. 「所属機関の学内認証システムでログインする方」にある「所属機関」の欄の右側にある上矢印をクリックし、熊本大学を選択します(下図参照)。

    login画面1

  3. 「熊本大学」を選択したら「ログイン(Login)」ボタンをクリックします。

    login画面2

  4. すると、「熊本大学統合認証システム」が画面が表示されるので、熊本大学ID(熊大ID)およびそれに対するpパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
    「ユーザ名」欄に、職員番号や学生番号を入力しないよう注意してください。

    login画面2

  5. 提供されるサービスに、はじめてログインするときには、次のような送信される「ユーザ情報」に関するページや、

    送信確認画面

    次のような「使用条件」のページが表示されます(どちらか一方のこともあれば、両方表示されることもあります)。

    使用条件画面

    説明を読んで、内容に同意できたら、チェックボックスにチェックを入れてから「確認」ボタンをクリックしてください(上図参照)。
  6. ログインに成功すると、トップページの右上に「熊本大学 様」および「ログアウト」が表示されるようになります。

    login画面2

熊本大学で契約中の下記電子ジャーナルについても、順次、「学認」での利用ができるようになる予定です。
Copyright Kumamoto University 2013, All Rights Reserved